県民性

栃木出会いが多かったサイトを徹底解析!

県民性

栃木県での出会いを期待するのであれば、県民性については最低限知っておいて損はしないでしょう。

 

栃木県の前身である下野国は、中仙道の通り道で、上野国から新潟、長野を経て都と連結していました。

 

その為に関東圏にしてはワンテンポ遅れてブームが伝わる傾向があり、今イチ都会的に成りきれない側面があります。

 

栃木県最大の英雄は、室町幕府を開いた足利尊氏です。

 

後醍醐天皇を追い落として、明治以降の皇国史観では逆賊の烙印を押された尊氏ですが、地元では抵抗の英雄として慕われています。

 

江戸時代に入ると、下野国は、多くの小藩の複数分割の状況に置かれます。

 

一番大きいのが宇都宮藩で6万石、あとは10の小藩に別れ、さらに幕府の天領と日光山領が入り組んでいました。

 

こうした複雑な統治体制の為に、大藩が置かれていた地域のような、県民性のまとまりが薄く、栃木県民意識は低いようです。

 

気性の荒い坂東武者を多く出した北関東地域にしては、穏やかな気性で知られ、「大人しく目立たず」が信条と言われます。

 

その為、「南東北地域」と呼ばれる事もありますが、一方で足尾鉱毒事件に人生を賭けた田中正造も出ています。

 

強気と弱気、打算と向こう見ず、反抗性と消極性といった相反する複雑な性格が栃木県民の県民性かも知れません。

 

ですが、豆腐の好みはハッキリと分かれています、北の足利は、ソフト木綿、南の埼東線沿線は木綿が主流です。

県民性記事一覧

男女の県民性

栃木県男性の性格は、渋い、いぶし銀のタイプです。一見すると寡黙な感じですが、実は、恥ずかしがり屋で、話し下手なのです。ただ、県民性の影響で、保守的で変化を嫌うので、仲良くなるには時間が掛かるかも知れません。しかし、一端気心が知れると、正直で真面目、律儀で堅実な性格ですから、とても付き合いやすいです。...

≫続きを読む

 

栃木県民は人懐っこい

栃木県民は人懐っこい。県内でも各地で地域差はあるものの、栃木県に行って、まず感じられる点は栃木県民の懐っこさです。栃木県に限らず、日本の内陸部の人たちは、沿岸部の人たちに比べると温和で品があるように感じられます。海に接した都道府県の人達は、歴史的に人の出入りがあったせいか、気性が荒く、内陸の人たちに...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ