日光東照宮

栃木出会いが多かったサイトを徹底解析!

日光東照宮

私が初めて東照宮に行ったのは、小学生の時でした。
栃木県の学校に通っていた私は、学校の遠足で日光を回りました。
県内とはいえ、東照宮まではバスで二時間ぐらいかかりました。
小学生にとっての二時間はあまりに長く、東照宮についたころには、すでにちょっと眠くなるくらい疲れていました。
しかも当時、私が東照宮に持っていたイメージは、「偉い人のお墓?」くらいなもので、全く興味がありません。
さらにバスの外に出ると雨が降っていたので、早く帰りたい、さんざんな思いをしながらと東照宮を見学しました。

 

それでも、雨の中で回った東照宮は、それなりに記憶に焼きつきました。
見猿、言猿、聞猿の三匹の猿や、壮大な東照宮のたたずまいには言葉を失ったものです。

 

それから10年後、私は大学生になり、再び日光東照宮に訪れることになりました。
10年前とは違い、東照宮は徳川家康のお墓があるところ、ということも分かっていましたし、以前よりは退屈しないだろうなぁ、くらいの感覚で東照宮に行ったのですが、現地に訪れてびっくりしてしまいました。

 

10年ぶりに見る東照宮は自分が記憶しているものの数十倍、いや数百倍、壮大なものでした。
なんでこんなすごいものをあまり覚えていなかったのだろう? いや、違う。すごいものだからこそ、今なお記憶に残っていたんだ。
私は10年経って、あらためて東照宮の偉大さに気が付きました。人の記憶も物でもなんでも、素晴らしいものは記憶に残りつづけるんだなぁ、と思いました。

 

日光東照宮の詳細情報


ホーム サイトマップ