日光の妖怪「化け灯籠」

栃木出会いが多かったサイトを徹底解析!

日光の妖怪「化け灯籠」

栃木県の日光二荒山神社に鎌倉時代に奉納された銅の灯籠は、化け灯籠と言われています。

 

どうして、この銅灯籠が化け灯籠と呼ばれているかと言うと、様々な怪異現象を引き起こすからだそうです。

 

例えば、夜になってから、この灯籠に火を入れると、すぐに燃料の油が尽きて火が消えてしまいます。

 

それからは、何度油を入れても同じだったと言われます。

 

また、別の日に、灯籠に火を入れると、まわりのモノが全て二重に見えたり、灯籠自体が様々な姿に変化したとも言われます。

 

何とも不思議な化け灯籠なんですが、ある時から急に普通の灯籠に戻ってしまいました。

 

何故かと言うと、神社を警護していた侍達が、この化け灯籠を怪しみ、正体を見破ろうと、毎晩、毎晩、刀で斬りつけたからです。

 

そのせいで、灯籠には無数の刀傷が出来てしまい、灯籠は、人間を怖いと思ったのか、普通の灯籠に戻ってしまいました。

 

化け物だと思えば、神社の灯籠にも容赦がない人間って怖いですね。

 

化け灯籠の怪異の正体は、真っ暗闇で、火が揺れる姿が不気味に見えたとも、ムササビが油を舐めたからとも言われます。

 

今、この化け灯籠は、重要文化財に登録されています。

 

化け灯籠は、もう刀で斬りつけられる事はなくなり、ホッとしているかも知れませんね。

日光の妖怪「化け灯籠」関連ページ

地味な妖怪「しずか餅」
那須湯本にある妖石「殺生石」

ホーム サイトマップ