地味な妖怪「しずか餅」

栃木出会いが多かったサイトを徹底解析!

地味な妖怪「しずか餅」

栃木県芳賀郡益子町には、姿を持たない音だけの地味な妖怪が伝わっています。

 

その妖怪の名前は、しずか餅と言われ、家の富と衰亡を教える妖怪です。

 

草木も眠る丑三つ時、家人が家で寝ていると、遠くから「コツ、コツ」と餅の粉をはたくような音が聞こえてきます。

 

この時、音が次第に近付いてくるのを「餅の中に搗きこまれる」といって運が向いてくる兆しとされます。

 

この際には、箕(農具)を後ろ手に差し出すと、そこに財産が入ってくると言います。

 

逆に、音が遠ざかって行く事を、「餅の中から搗き出される」と言い、運が衰える兆しなのだそうです。

 

ただ、誰にでも聞こえるのではなく、聞こえる者と聞こえないものに別れるとも言います。

 

「隠れ里の米搗き」とも言われ、この音を聞いたものは長者になれるとも言われます。

 

同じような妖怪は、遠く、北海道のアイヌの伝承にもあるといいます。

 

アイヌの伝承では、炉端で寝ていて、地中から栗を搗く音が聞こえたり、あるいは、臼に綿を入れて搗く音がしても豊作。

 

しかし、空の臼を搗く音が聞こえると、来年は冷害で不作であると伝わるそうです。

 

これを見ると、妖怪の伝承は、少しづつ形を変えて、日本全国に伝わっているのですね。

地味な妖怪「しずか餅」関連ページ

那須湯本にある妖石「殺生石」
日光の妖怪「化け灯籠」

ホーム サイトマップ